naco-do

 

naco-doはオンライン完結型の結婚相談所。スマホ1台で入会審査からカウンセリングまで受けることができ、サポート体制が手厚く、料金は業界の中でも安い魅力的なサービスです。

 

マッチングアプリでは結婚まで届かなかった人や身近に結婚を意識するような人がいない人におすすめのサービスとなっています。

 

\2980円で1ヶ月試す/

 

また、結婚相談所を利用する上で気になるところが年齢層。学歴や経済面、性格なども大事な要素ですが、自分が希望する年齢層じゃないことにはお見合いまでなかなか進めないですよね。

 

そこで今回は、naco-doの年齢層についてお伝えします。

 

naco-doの年齢層は?

naco-doの年齢層

※2021年5月時点のデータ

 

naco-doの年齢層は上のドーナツグラフを見てもわかるように、20代が27%、30代が47%、40代が21%、50代が5%となっています。

 

結婚相談所は男性が20代後半~30代後半が中心、女性が20代半ば~30代前半が中心なところが多く、naco-doも一緒です。50代となるとなかなか難しいですが、20~30代の方なら同年代を探しやすいでしょう。

 

\今すぐ利用してみる/

 

また、結婚相談所の多くは出会える機会を多くするため、他のサービスと提携しているところも少なくありません。naco-doもJBAやコネクトシップ、良縁ネットと提携しています。

 

JBAの年齢層と会員数

JBAは30代~50代に強い老舗の団体で、会員数は約52000人(※2021年2月時点)です。naco-do単体だと40~50代はマッチングしにくいですが、JBAを利用することでマッチングしやすくなります。

 

コネクトシップの年齢層と会員数

コネクトシップは20~30代に強い団体で、会員数は30975人(※2022年4月時点)です。20~30代の人はさらに同年代を探しやすくなり、条件をより絞って探すことができるでしょう。

 

関東の会員数が特に多く、関西の3倍以上の会員数がいます。

 

良縁ネットの年齢層と会員数

良縁ネットは20~50代まで幅広く利用している団体で、会員数は約40000人(※2021年2月時点)です。男女比が男4:女6なため、男性は相手をより探しやすくなります。

 

naco-doの男女比

naco-doの男女比

※2021年5月時点のデータ

 

naco-doの男女比率は男54%、女46%です。結婚相談所では男女5:5を目指しているところが多く、naco-doも一緒。

 

今後どちらか一方に偏った場合は、キャンペーンなどを行って調整してくると思うので、男女比に関しては利用者側は特に考えなくていいでしょう。

まとめ

naco-doは男女ともに20~30代の会員が多く、男女比は54:46です。

 

また、提携しているサービスを利用することでより幅が広がり、マッチングしやすくなります。40代や50代も探しやすくなり、20~30代は同年代をより探しやすくなるのでぜひ利用しましょう。

 

そして、naco-doはオンラインサポートが充実していて料金も安めなので、結婚相談所を初めて利用するという人にもおすすめのサービスとなっています。

 

\2980円で1ヶ月試してみる/